売りアパートで始める賃貸経営の知識~バンバン収入UP~

マンション

投資のあれこれ

アパート

経営の長所

アパート経営の代表的な長所は、少ない額で開始でき、自己の資産が確立できることでです。アパートに対するローンについては、築き上げたアパートを担保に融資ができるため、頭金のみ準備可能ならばスタートすることができます。言い方を変えれば、他の資本で自身の資産の構築できるということなのです。加えて これから積み立てる年金の代行として機能することができます。これ以外には、もしものことがあったときに、身内に財産を残せ、そして生命保険の代役としても役立ちます。それに加えて通貨価値が悪化するインフレが来たとしても、そのような時の通貨の価値で賃料を決定することが可能なため、インフレの対策法としても役割を果たします。

慎重な検討

アパート経営のウィークポイントはリスクが存在することです。ローンは毎月の賃料から支出するというプランニングのもと融資されています。その結果、空室が増加すると計算がアンバランスになり、場合によってははローンの支出困難になるほど空室が増加し、困る方もいます。こういった懸念があることがアパートの経営のマイナス面です。これに対して、アパートを建設する局面で少なからず遠のけることが可能です。その理由は、なぜ空室になのかを熟慮したときに、そのアパートの需要、あるいは設備もしくは仕様の魅力だとしたら、はじめの設計が取違えていますし、また、高い家賃だとしたら、アパート経営のシミュレーションが厳しさに欠けていたということとなるためです。ですから、アパート経営は、慎重に経営を検討することが大切です。