売りアパートで始める賃貸経営の知識~バンバン収入UP~

マンション

購入時のポイント

電卓とお金

収納がある物件

物件を購入する事からスタートするのが、賃貸経営です。ここで注意をしなくてはならないのは物件が綺麗な事でも無く、立地が良い事でもありません。立地や建物の事は誰でも確認する事ができるので、その部分だけを確認しても差を付ける事ができません。賃貸経営をする際に気にしなくてはならない事は収納になります。収納がほとんど無い物件は購入する事を避けて別の物件を購入する事をおすすめします。収納が無い事によって部屋が散らかってしまう事を契約希望者は分かっています。物件が綺麗で立地が良くても収納が無い物件は契約をしたくないと考えている方が多くいます。男性でも女性でも同じ考えになるので、収納の部分で契約希望者を逃してしまう事になります。

外の収納も考える

どれくらい大きな収納が有る物件で賃貸経営をすれば良いのかわからない方もいるでしょう。一般的な賃貸物件と同じ程度の広さの収納があれば問題無く賃貸経営を進めて行く事ができます。また外に収納があればより親切で契約者も喜んでくれる事になります。外に収納があればタイヤなどを置く事ができるので、そのような部分まで考えて物件を探している人に気に入ってもらう事ができます。賃貸経営をする側になると契約者の気持ちが分からなくなってしまうので、契約希望者がなかなか現れない場合は、一旦契約者目線になって考えてみるようにしましょう。そうする事によって今まで気が付く事ができなかった収納の部分まで考える事ができるようになり、経営状態を改善する事ができるでしょう。